アレス、SIMを挿し込み通話ができる腕時計型スマホ「AR-EC309」 | マイナビニュース

アレス、SIMを挿し込み通話ができる腕時計型スマホ「AR-EC309」   [2014/08/26] 印刷

腕時計 アレスは、腕時計型スマホ「AR-EC309」の販売を開始した。スマートフォンとのBluetooth接続の必要がなく、同製品にSIMを挿し込み、スタンドアローンでデータ通信やSkypeやLINEで音声通話ができる。ARES Directでの直販価格は税込み37,584円。

レプリカオメガの腕時計 AR-EC309

レプリカが販売されて見て 「AR-EC309」はAndroid 4.0を搭載したスマートウォッチ。通常、腕時計型デバイスは、スマートフォンにBluetooth接続して使用するが、同製品は直接SIMを挿す仕様で、スマートフォンとの接続の必要なく、通話やデータ通信が行える。

偽物の時計 通話はVoIPアプリ「Skype」「LINE」に対応。050で始まる通信サービスも使える。カレンダー、ドロップダウンキーボード、FMラジオ、電卓などのアプリも利用可能。Google Play ストアにも対応する(一部アプリのみ)。

偽物の時計 SIMは、ドコモ、ソフトバンクのWCDMA方式の3G回線のMicro SIMが利用可能(auのCDMA2000には非対応)。また、データ通信のみのSIMは非対応で、SMS対応のSIMが利用できる。

レプリカが販売されて見て 主な仕様は以下のとおり。サイズ/重量は、(L)41.9x(W)47.5x(D)13.5mm/72g。ディスプレイ解像度は240x240。メモリは512MB+4GB Flash。スタンバイ時間は100時間、通話時間は180分。GPS、Gセンサーを搭載、Wi-Fi、Bluetooth 4.0に対応する。カメラは200万画素。防水には非対応。

同製品には、本体他、Micro USBケーブル、マイク付きイヤフォン、Mini SIMカード位ジェクターピンほか、日本語のクイックスタートガイドが付属する。

(記事提供: AndroWire編集部 )


\\ nは